キドログ

あああああああーす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くねくねブロック

卒業研究・制作展おつかれさまです。くねくねブロックとても良かったです。私も実際にブロックで遊んでみました。様々なパーツがあり、それを組み合わせてみました。差し込むものが木の絵本だけでなく、ゾウの絵が描かれたパネルがあったのも良かったと思います。パーツも長さの違うくねくねブロックや、サイコロ、円形のものなどあり種類が多いため、遊びの幅が広がると思いました。
木の材質選びにも、様々な木の特徴を把握し、それに見合ったものを使用しているので、とても実現性に富んでいると思います。
また、今の穴の大きさでは1歳や2歳ぐらいの子供は、ブロックを差し込むのが難しいかと思います。そのためにも接合部分とその差込口の幅をもう少し大きくしてはどうでしょうか。大きくすることで幼い子供でも穴にブロックを入れやすくなると思います。
本来、木のおもちゃは垂直方向、水平方向の動きにしか対応しているものが多い中で、kabuさんの作品は動きをもったブロックということで新しい発想ではないでしょうか。また、木という材質は金属やプラスチックと比べ、見た目にも感触的にも優しいので子供の玩具としては適切だと思いました。これも、日頃のたいへんな育児生活を経験しているkabuさんであるからこそ、成し遂げられたものだと思いました。

私もkabuさんのように、良い作品がつくれるようがんばりたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

感想をありがとうございます。

はじめまして、kidoさん。こんんちは。
くねくねブロックを作りました、kabuです。
トラバ、そして感想の記事、どうもありがとうございます。
こちらからもトラバさせていただきますね。

実体験が役に立ったとおっしゃられていますが、その通りだと思います。
2年前では、ここまでやることはできなかったと自分でも感じています。

ブロックの接続部の太さですね。
kidoさんのおっしゃるとおり、今の大きさでは2歳を過ぎていないと、自分ではうまく挿すことができません。
なので、太くすれば小さい子向きになるのは、確かだと思います。
しかし、今よりも太くすると、今度は出っ張りをとめている、
くねくねの先端部分の穴も大きくなり、強度が弱くなってしまうのです。
ですので、今の段階では、あの太さを選びました。
たとえば、先端部分の材質を、硬いものにするなどの方法を取れば、
もしかしたら太くすることも可能かもしれません。

一言言っていただいたことで、新たな可能性を考えるきっかけになりました。
ありがとうございました。

kabuさんの説明を聞いて、現状ではあの太さが適切だということがわかりました。穴の大きさを決めるだけでも様々な事柄を考えなくてはならないとは、とても奥が深いですね。kabuさんは木でおもちゃをつくりましたが、わたしも家具に興味があり、木製家具にも注目しています。その木のもつやわらかさがとても親しみやすいからです。
これから私が作品を制作していく上で今回のkabuさんのコメントは非常に貴重なものになると思います。
また、ブログ上でも作品製作の様子を掲載していこうと思っております。時間などありましたら、拝見していただき、もし良かったら、コメントやアドバイスなどお聞かせいただいたら嬉しく思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://p0222031.blog4.fc2.com/tb.php/5-b11cb573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木のおもちゃを作る(71)

卒業制作展が終わりました。私自身がその場で来場者の反応を見ることは、あまりできませんでしたが、見に来てくださった知り合いの方がほめてくださったり、いろいろな方から声をかけていただくことができ、第一段階として、よい手応えを感じることができました。そこで、卒

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。